外食企業における活用

すべてのマーケティングコストのさらなる活用

多くのCFOが、マーケティング予算を、本当に必要な額まで切り詰めたいと考えています。CMOは、残された予算を、売上をもたらすプログラムに投資する必要に迫られています。Test & Learnは、CMOが複数のチャネルにわたる個々の投資のインパクトを把握するのを助けます。これによってマーケティングの費用を、余すことなく適切に売上に結びつけることができるようになります

継続か変化か

レストランは、継続すべき、または廃止すべきメニューアイテム、長く続けるべき時間限定メニュー、新しいメニューアイテムが既存の提供アイテムに与えるインパクト、そのインパクトの店舗ごとの違いを把握しなければなりません。Test & Learnは、レストランがメニューに正確な変更を加えることを可能にし、意思決定に伴うリスクを抑えます

Optimizing Promotions

得られる利益を確実に得るために

「値下げをしたら、マージンの低下を補うだけの数を売ることができるだろうか? 同様に、値上げをしたら、売上にどれほどの打撃があるだろうか?」あらゆる外食企業の希望はこうした問いに答を得ることです。Test & Learnを使用すれば、外食企業はメニューアイテムや店舗ごとの最適な価格を把握することができます

Restaurant Automation

固定費から利益をもたらす要素へ

オーダーの新しいテクノロジー、営業時間の変更、新たな人員配置プログラムといったオペレーション上のひとつひとつの変更が外食企業のパフォーマンスにどれほどのインパクトを与えるかを把握することは、容易ではありません。外食企業は、Test & Learnを活用することで、オペレーションや労働に関わる変更が店舗にどのように影響するかを、変更を展開する前に把握できます

ビジネスコスト以上の価値の創出

外食企業がリノベーションに費やす金額は年間数億円に及びますが、多くの人が、こうした改装プロジェクトは、ビジネス上仕方のないコストだと考えています。しかし、こうした投資が売上の増加をもたらさないことも少なくありません。外食企業は、Test & Learnを用いて、こうしたプロジェクトの分析を行い、あらゆる投資のNPV (正味現在価値) を最大にすることができます

APTのアプローチとは

TnL

なぜソフトウェアで分析するのか

Keep Up

分析は、意思決定に結びつくものでなくてはならない

正しい意思決定を行うためには、選択を助ける知見を提供するソフトウェアが必要です。APTのソフトウェアを活用することで、分析担当者は、実験プログラムの分析を1時間足らずで完了することができます 

Noisy Data

レストランのデータには大きなノイズがある

APTのソフトウェアは、大量のノイズの中からシグナルを読み取れるように設計されています。売上に対するリフトが0.5%以下のプログラムのインパクトを正確に示すことも可能なので、何が有効で何が有効でないかが常に把握できるようになります

Confidence

分析は確信をもたらすものでなくてはならない

APTはこれまでに500人年を費やして400万行のコードを開発し、分析のより正確な読み取りを確実にするアナリティクスに関わる6つの特許を取得しています。正しい答を獲得しましょう

Consistent Answers

すべてのチームが一貫性のある答えを必要としている

社内の各チームによる評価のうちどれが正しいかを判断するのは難しいことです。 APTのソフトウェアを採用すれば、分析に際してすべてのチームが同じ言葉を使うようになり、「1バージョンの真実」を得られます

デモを予約する