Scott Setrakian

取締役

スコット・セトラキアン

取締役

APTの取締役であるスコット・セトラキアンは20年以上にわたり、世界的な大企業や最も成功した企業に対してアドバイスを提供してきました。彼の業務は利益と企業価値を大幅に改善するための戦略とプロセスの発展、実行に重点を置いています。世界20か国以上に及ぶ数百人の経営コンサルタントに対してマネジメントを行ってきています。 

APTを共同創業する以前は世界最大の経営戦略コンサルティングファームの1つであるオリバー・ワイマン社(元マーサー・マネジメント・コンサルティング)にて取締役を務め、同社においてグローバル規模のエネルギー・プロセス産業にかかわる業務を指揮しました。

現在、APT、ブエナ・ビスタ・ファンド、サンフランシスコ動物園、サローヤン基金の取締役を務めています。

スタンフォード大学ビジネススクールのMBAを保有しています。スタンフォード大学で人体生物学の学士号を取得、さらに心理学の学士号も取得しました。